2014年

2月

23日

ツーリングセローで高速道路!

苦手なステージは苦手なりに走ればいいんです(笑)

追い越しなんてとてもする気にならない。というよりできないw

自分が前に進むことだけで精一杯。

合流での車速の調整は減速方向のみ。

ゆっくりトコトコと言えば聞こえはいいが、危険回避の場合、加速方向でも調整できないと危ない場合もありますよね。

高速道路に限って言えば僕は大型バイクが良いですw

要するに、非力でスピードがでない=安全ではないってことです。

 

動画の中でも触れていますが、シミー現象ってセローはよくでませんか?

とくに60~90キロくらいの間で起こる確率が高い気がします。

はじめはかなり驚きました。今までこんな現象が起きたバイクありませんでしたからね。

ただ乗り方にコツがあって、それがわかってしまえばなんてことない。

とにかくハンドルに無駄な力を加えないこと。

それだけでピタッと出なくなりました。

ツーセロは装備がいろいろついてるからってのもあるのでしょうかね。

ハンドル周りゴテゴテだし。

GIVIのリアボックスとか影響してそうな気がしないでもない。

シミー現象とは、走行中にバイクや自動車をはじめとし航空機や自転車などの車輪が激しく首ふり振動する現象のことである。

主に時速80キロ以下の低速度走行時において発生しやすく、時速40キロから50キロで発生したシミー現象を低速シミー、時速100キロから120キロで発生した場合は高速シミーという。

※ウィキペディアより

 

とありますが60~90くらいは中速シミーというとこでよろしいでしょうか(笑

 

まあ、そもそもシミー現象なのかわかりませんけど。

対処法もわかってるし大した問題ではないので良しとします。

10 コメント